Drone Impact Challengeとは

    ドローンテクノロジーによって、社会創造に貢献することを念頭に結成されました。
    よりよい社会創造を後押しするために、ドローンコミュニティの育成と健全なドローン社会の実現を目指します。

Safe Policy

    Drone Impact Challenge実行委員会は、航空法、電波法等規制に準拠し、「安全を徹底して追求し、信頼される組織」を目指します。
    想定されうるリスクを検討し、リスクを回避するべく最新技術のテクノロジーと人員配置に努めます。

Message from Specialists

    Drone Impact Challengeは、ドローン産業の成長を支える取り組みで大歓迎します。
     
    11月に開催される Drone Impact Challenge は、日本でドローンホビースト、ドローン愛好家を魅了することでしょう。大成功を確信しています。 ドローンはあくまでもホビーの世界ですが、ここで培われる機体設計製作、センサ・アクチュエータ、データリンク、プログラム、カメラ、FPVによる飛行スキルすベて技術、産業用ドローンのベースとなる技術です。 そして、何よりもドローンレースのフライヤーはドローンの良き理解者になり、業務用ドローンのオペレータ予備軍になります。 Drone Impact Challenge はドローン産業の成長を支える取り組みで大歓迎します。 株式会社自律制御システム研究所は Drone Impact Challenge を積極的に応援します。

    ミニサーベイヤーコンソーシアムNEXT会長、株式会社自律制御システム研究所代表取締役社長 野波 健蔵


Member